水琴窟

水琴窟とは、茶室入り口の蹲踞(つくばい)や
書院縁先手水鉢の鉢前に造られた高度な造園手法の一つです。
江戸時代初期に当坊の庭園を作庭した小堀遠州公が考案したと伝えられます。

地中に甕(かめ)を埋め、上の水鉢から水滴が落ちると
甕中で反響して透明感のある涼やかな琴のような音色がでる仕組みです。

当坊の水琴窟は五ヵ所以上から水滴が落ちるように特に工夫されていて
オルゴールのような音色の違いが楽しめます。